LOGINECT

金沢エリアの軽貨物輸送 KBT-GROUP問屋町店LOGINECT(ロジネクト)


BACK TO TOP

物流ドライバーのための新型コロナ対策

こんにちは。ロジネクトです。

現在、日本全国の様々な地域で新型コロナウィルスの感染が広まり、ドライバーさんも気の抜けない日々をお送りかと思います。

地域によっては外出自粛が続く中で、通販の需要も高まっています。
沢山の方と接触するというリスクの高い状況の中、日々配送していることでしょう。

そこで、新型コロナウイルスから自分やお客様の身を守るために、具体的な配送にまつわる感染予防策を今回はご紹介させていただきます。

※本記事の情報元は主に厚生労働省 新型コロナウィルス感染症についてより引用いたします

新型コロナウィルスについて知る

どのように感染するか

厚生労働省の発表では、新型コロナウィルスは
1)換気の悪い密閉空間
2)多数が集まる密集場所
3)間近で会話や発生をする密接場面
とされ、この3つの「密」を避けて行動するように、注意喚起が行われています。

特にドライバーさんの場合は、業務で沢山のお客様と荷物の受け渡しで接触があるため、感染のリスクが高いとも言えます。例えば、ボールペンで受領印をいただく際にボールペンに付着したウィルスを触る可能性もあること、ドアノブやお荷物を介してウィルスを触る可能性があることなど、気をつけなければいけない場面が多数存在します。

感染予防徹底!配送の際に気をつけるポイント

マスクをする

マスクによる感染予防の確実性は高くはないという研究もありますが、風邪や感染症の疑いがある方が「広めない」ためには非常に有効とされているため、厚生労働省もマスクの利用を勧めています。

必ず、配送中はマスクは着用するようにしましょう!

マスクが入手困難な場合は、キッチンペーパー・両面テープ等100均で揃うアイテムで、縫わないマスクを作ることもできるようです。マスク入手までの臨時として検討してみてください。

こまめな消毒

コロナウィルスは接触感染もすると言われています。
除菌シートや消毒スプレーでこまめに手指を消毒をし、可能であれば休憩時間には手洗いもしましょう。

もし、ボールペンにウィルスが付着していた場合、次のお客様にも感染するかもしれないため、受領印をいただく際のボールペンの消毒も忘れずに!

除菌シートやスプレーがどうしても入手困難な場合は、使い捨ての手袋などを沢山用意しこまめに交換するというのもひとつの策です。業務がしづらい部分もあるかもしれませんが、ドライバーさん自身や他のお客様への感染予防のためにも、ぜひご検討ください。

また、無意識に行いがちかもしれないですが、業務中に自分の顔面などは極力触らないようにしましょう。ウィルスの付着した手で目や鼻などをこすることで感染する危険性があるためです。

お客様から非対面受け渡しのご要望があれば対応を

元請けの配送会社によりますが、お客様のご希望によって荷物の受け渡しの際に、対面手渡し以外の受け取りに対応することを許可しているケースがあります。(配達票に記載することで受領印の代わりとする臨時対応です)

可能な場合は、お客様が希望した際は玄関先に荷物を置いて受領印をいただかず、配達票のみで配達完了とさせていただくこともできます。

※詳しくは、元請けの配送会社にご確認いただき、ルールに従って対応をお願いします。

普段から免疫力を高める生活を

ご自身の体を守り、売上を守っていくためにも、普段から免疫力を高める生活を送るように注意しましょう!

免疫力をあげるには、
・しっかりと睡眠を取る
・ストレスをためない(笑う、リラックスする)
・体を入浴や運動で温めたり、体の代謝をあげる
・偏りのない栄養のある食事を取り、腸内細菌を善玉優位にする

などが良いとされています。

いつも以上に細心の注意を払って業務をしていると、気持ちも張り詰めてしまうかもしれませんが、業務終了後はリラックスすることを意識して、しっかり体を休めて取り組んでいきましょう!

もしもの場合

感染の症状・可能性を感じた際の連絡先

体調に不安がある方は、所属会社や配属先に必ず連絡を入れましょう。
また、次の症状がある方は(1)(2)を目安に「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。

(1)風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
(2)強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

上記のような症状が特徴です。
このような症状がないか常にご自身の体調に気をつけてみてください。

もし症状を感じた場合の相談先は、お住まいの地域により異なります。
下記URLより、お住まいの相談先をご確認ください。

▼新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター|厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

* * *

新型コロナウィルスが蔓延していて、外での買い物を控えている方が多くいるため、物流業界はそういった方たちへ大貢献していると言われています。

実際に、あなたのようなドライバーさんからの配送を頼りにして生活している方が今全国で沢山おられるでしょう。

当社としても、リスクの高い中、日々現場で感染予防に努め、頑張って配送しているドライバーのみなさんに心より感謝いたします。

これからも業務中は気を抜くことなく、この困難な局面も乗り切っていきましょう!


PAGE TOP