LOGINECT

金沢エリアの軽貨物輸送 KBT-GROUP問屋町店LOGINECT(ロジネクト)


BACK TO TOP

【宅配ドライバー必見!】重い荷物を楽に運ぶコツ

こんにちは!ロジネクトです。

新型コロナの影響で物流量が増えている現状ですが、そんな中で水やお米などの重たい荷物のご注文も増えており、年配のドライバーさんや女性ドライバーさんは特に、重たい荷物は大変なことかと思います。

宅配は当日にならないと荷物の大きさや重量はわからないことが多いため、現場に出てからついうっかり「腰を痛めてしまった!」という悲痛な声を、当社もたびたび耳にしています。

もし腰を痛めた場合、数日間またはしばらく仕事ができなくなるなど大きな収入減に繋がる可能性もありますので、そのような事態は絶対に避けたいですよね!

そこで、重い荷物を少しでも楽に扱えるように、腰に負担をかけずに運ぶ方法を今回の記事ではお伝えしようかと思います。

重い荷物を楽に運ぶコツ

腰に負担かけることなく荷物を持つ方法

基本的に、重たい荷物は力任せに持ってはいけません。
特に、「腕力には自信がある」などと過信はせず、腕の力だけで持とうとするのはやめましょう!
すぐに腕に疲れを感じ始めますし、何よりも腰を痛めてしまいます。

重い荷物を持つ際は、目線を前に向けて腰をしっかりおろし、荷物はなるべく自分の体に近づけ、膝と腰の力を使って真上にあがる感じで立ち上がりましょう。こうすることで、全身に負荷を分散できるため、腕や腰など一箇所に負担がかかることを防ぐことができます。


また、荷物の角部分を持って運搬すると腕の負担も軽減できます。
指を使うのも重要で、指の力がしっかり入れられるように、手のひらの中央に荷物の角の部分を起き荷物を安定させ、中指や薬指などをしっかりと使って荷物を抱えると、より安全に運べることでしょう。

重い荷物を持ったまま階段を降りる際のコツ

重い荷物を持って、階段の上り下りすることも多々あるでしょう。
とても重労働なシチュエーションです。

階段の上り下りの際は前方にかかえて上り下りしようとすると、どうしても荷物で足元が見えません。そのため、体の向きを斜めにし、足元の視界をしっかりと確保し、1歩1歩丁寧に上り下りしましょう。足はハの字でガニ股気味にすると、より安定します。

重い荷物を何個も持って配達する際の注意点

もし、慣れてきて重い荷物を含む複数の荷物を効率よく運びたい場合については、無理をしないことが一番ですが、前述の負担のかからない持ち方をした上で、図のように下ほど重い荷物、上ほど軽い荷物という積み方で運びましょう。

これがもし逆だと重心が崩れ、荷物を落としてしまったり転倒する恐れもありますので、ご注意ください!

* * *

以上が重い荷物を楽に運ぶ方法についてですが、不安な方はコルセットなどを着用したり滑り止めの手袋を使うなど、より運びやすい方法をご自身でも試行錯誤してみてくださいね。

👇おすすめの滑り止め手袋はこちら👇

※画像引用元:[M/210mm]手袋(ポリエステル・綿・滑り止め付) 1個 エスコ 【通販モノタロウ】

当社もしっかりした研修でサポートさせていただきます!

もし、配送ドライバーのお仕事に興味がある方は下記までお問い合わせください。

お問い合わせ・応募はこちらから

▼詳しい資料については、電子ブックでも確認ができます。

ドライバー募集!説明会で配られる資料を特別公開 パンフレットを見る

PAGE TOP